痛風の辛さは体験者のみが語る|日頃の食事改善から始めよう

シニア

人には分からない痛み

食事

プリン体とは

痛風という言葉を聞いたことありますか。この病気は血液中にある尿酸が多くなり関節炎などを引き起こします。突然足などなどに激痛が走ります。耐えられないほどの痛みだそうです。以前は男の人がほとんどでしたが、近年は女性も増えています。このような病気の時はどのような食事を摂ったらいいのか考えていきましょう。痛風は食物との関係が非常に強い病気です。食事によって大きく左右されてしまうと言っても過言ではありません。まず、プリン体を多く含む食品は避けましょう。プリン体は体の中で分解されて尿酸になるのです。プリン体を多く含むものはレバ肉、カツオ、エビ、魚の干し物などです。また、プリン体は水に溶けるので肉や魚で摂ったスープ、だし汁などにも気を付ける必要があります。

身体を良くする食材

尿酸値下げる食材を考えていきましょう。私自身が一番良いと思っているのは、根菜類です。この食材は血液を汚さずアルカリ性にしてくれます。また、イモ類もとても良く、その他の野菜では、ニンニク、黒豆、干しシイタケなどもいいですね。あとは、海藻類です。ワカメ、ヒジキなどはとても良い食材です。痛風になってしまったら、食事などを変えていかなくてはいけません。肉類が中心だった食生活を根菜類中心の食生活に変えてみたらいかがでしょう。もちろん肉類を食べてはいけにというものではありません。肉類を半分くらいにしてあとの半分を根菜類や海藻類などにしてバランスの良い食事にしていきましょう。最後になりますけど痛風にとって水分はとても大切な事なのです。成人男子1日2杯くらい飲んでください。

メカブの健康作用

海藻

フコイダンはメカブなど海藻類に含まれる物質ですが、免疫力を向上させるなど、万病予防に効果があります。フコイダンに加え、乳酸菌を摂取することで、腸内環境を整えて免疫細胞を強化することが出来ます。そうすることで、簡単には病気にならない体をつくることが出来るのです。

ホルモンバランスを整える

女の人

多くの女性が40代前後になると言われる更年期障害対策のサプリには、ローヤルゼリーやプラセンタ、プエラリアなどがあります。ホルモンバランスを整えることで自律神経のバランスを整え、更年期障害を減らしていく効果が見込めます。

体内の水分減少のメリット

男性

浮腫みの症状に加え、高血圧を改善する上では体内に蓄積している過剰な水分を尿と共に排出する事が有効な対策とされます。拠って、高血圧をはじめとする各種の生活習慣病を改善する上では、毎日継続できるサプリの活用が理想的です。